• 初めての方へ
  • 当院の施術
  • 電磁波過敏症
  • うつ病改善
  • よくある質問
  • 患者さんの声

トピックス

感染症は後遺症を残す

何年か前に来られた患者さんから、連絡を受けた。
めまいが激しく見て欲しい、というのだ。
遠隔で見ても大分「沈んでいる」ため、来てもらいました。
 
余談ですが、そのお母さんが送迎してくれました。
そのお母さんは、当時足が痛くて、医者からは、手術を勧められていました。
私は、手術しないで、直してみては、?と言って…私のところで治った方でした。
びっこを引き引き通われた方でしたが、今は全然微塵も感じられない
足どりでした。
 
めまいの女性は、妊娠が疑われる状況でした。以前見えられた時にも妊娠・出産
を機会に、テレビの音が急にうるさくなって、徐々に耐え難くなって来た。
と言って、来られた方でした。
 
この時、初めて「浮き沈み」の発見をしたので、記憶に残った方でした。
 
カルテを書いてもらってアレルギー症状の欄で、海老・カニの甲殻類アレルギー
があることが解った。甲殻類アレルギー…!
「ひょっとして感染症にかかったことはありませんか?」と聞いてみた。
インフルエンザに随分前に罹ったことがあるとの返事!
 
まただ!どうも、甲殻類アレルギーはインフルエンザになった人に多くみられる。
そのインフルエンザと、今回のめまいとの関係性は、とリーディング、80!
 
つまりめまいの原因は、インフルエンザで、甲殻類アレルギーを引き起こして今回の
めまいの原因にもなっている。
 
まず、80%の原因になったインフルの影響を取り除き、後の20%の問題を取り除き
ました、インフルの文字は伊予文字だと判っている。
 
わずか一回の施術ですっかりめまい感はなくなりました。
 
感染症はやはり後遺症をのこすのだ。インフルは伊予文字!今回のコロナは、霊界クサ文字!
その文字が特定できるのは必要なことだ。
最初コロナをマナイチ文字だと思ったが、細部にわたって観ていくと霊界クサ文字が
正解だ!と分かった。
 
これでインフルとコロナ両方がきても大丈夫です!!
 
 
スマ-トフォンサイトを表示する