• 初めての方へ
  • 当院の施術
  • 電磁波過敏症
  • うつ病改善
  • よくある質問
  • 患者さんの声

トピックス

カタカムナとLEDライト

動画を見てくれた方から早速返信があった。
 
カタカムナという古典的な技術の中に何でLEDライトが出てくるの?
 
まさにLEDライトは現代のものだ。
しかし、LEDライトは太陽光を目指したものだったはずだ。
光の三原色、赤・黄(黄緑)・青(青紫)を全部合わせた色が
白色○である。ここが絵の具の色との違いです。
(絵の具は全部合わせると●黒くなる)
 
この白色のLEDライトは直進性に優れている。肌にかけると透過する、
つまり、肌を透視てなかを視ることができるものになっている。
 
加えて太陽光を集めて、強化してくれている。
おそらく1秒間で1日分位の太陽光を集めているのではないか。
だから、7秒間あてる…ということは7日間太陽にさらしておく、
と同じ効果になる。
 
縄文時代の人はカタカムナを7日間太陽光の基に
さらして置いたのでは…と想像するわけです⁉
 
今や、赤・緑・青のレーザーポインターがあります。
これらもまたカタカムナ気功療法でどう使われるのか
興味がありませんか?
スマ-トフォンサイトを表示する